新型コロナウイルスに対するりはっぴぃの取り組みについて

新型コロナウイルスにより残念ながらお亡くなりになられた方々に心より哀悼の意を表します。

同じく、新型コロナウイルスに感染されて闘病されている方のご快復を心より祈念しております。
また、今この時に医療・介護の現場で奮闘されている方々、ご自宅で感染予防に最大限の努力を果たされている世界中の皆さまに敬意を表します。

 

残念ながら、この新型コロナウイルスとの戦いは長期戦の様相を呈してきました。

この長丁場の戦いの中では、地域高齢者の皆さまが健康を維持することがとても重要です。

健康とは、身体の健康・心の健康・交流の健康の3つから成り立ちます。

健康維持を図ることが免疫力維持=感染予防であり、同時に要介護度の低下予防につながります。

ひいてはそれが将来的な地域社会の介護負担増加と医療崩壊を防ぐ一助であると考えています。


私たちりはっぴぃはそのような観点のもとに世田谷区の医療・介護事業所として感染予防に努めつつ各種サービスを継続してきました。

3密を避ける仕組み作り、スタッフの休業や時差出勤、極力公共交通機関を使用しない通勤手段の選択などです。
しかし、4月17日金曜日時点での世田谷区内の感染者数を踏まえると、区内住民間の感染リスクが高まっていると判断せざる負えません。

私たちりはっぴぃとしましても、スタッフ・ご利用者さまとそのご家族さまの安全を最大限確保するよう引く続き感染予防に努めつつ、

厚労省の指針に従ってサービスの仕組みを調整しながら皆さまの健康が維持できるよう努力する所存です。

 

千里の道も一歩から

 

このような状況下ではそれぞれの価値観の違いがクローズアップされがちですが、

地域社会の仲間同士が力を合わせて現状を維持することも来るwithコロナ時代の解決策だと考えています。

どうかお互いに支えあい、この困難を乗り越えていきましょう。

下記、クリアファイル1枚を切ることで簡単に作成ができるフェイスシールドです。
https://www.pandaid.jp/hygiene/face-shield

 

りはっぴぃ代表 鹿島雄志

What's New

友だち追加