ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

りはっぴぃ代表の鹿島雄志です。

私たち、りはっぴぃは【まちのリハビリステーション】となることを目標に、

2010年2月にスタートした株式会社です。

 

私たちの理念は次の言葉です。

”リハビリを手段として、地域の方々が

『自律した生活』と『人生の安心』が得られるよう支援します”

この言葉には、りはっぴぃの目指す全てが込められております。

ご利用者さまの夢や目標を達成する・あるいはそこに向けて努力する、

その過程をリハビリテーションとするならば、私たち”りはっぴぃ”は

理学療法士や作業療法士あるいはケアスタッフが提供するいかなる

サービスも目標に向けた手段にすぎません。

大切なご利用者さまやご家族の想いを実現するために、リハビリを手段と

することがその理念と志の言葉に込められております。

 

少しだけ自分が語りをさせていただきます。

 

結婚をし、子供が産まれると家族の意味が良く分かるようになりました。

私がイメージする家族という枠は決して狭いものではなく、私たちの両親、そのまた両親あるいは未来の世代、

さらには地域や国もごっちゃまぜになったもの、ソフトバンクのCMにある白戸家に近いイメージです。

なんせ、お父さんは犬で職場ではお母さんが上司( ゚Д゚)

そのような家族を守れる社会になってほしいと強く思うようになりました。

また、そのような社会であればこれからの若い世代も伸び伸び安心して人生に挑戦できると信じております。

私にとって、そのような社会の実現を目指す手段はリハビリテーションであり、その方法論が起業でした。

私自身は起業に興味があったわけではなく、今に至る道筋は自分が求めるもの・求められる立場を進んだ結果に過ぎません。

 

多くの方々の陰に陽にわたる支援・お声掛けをいただいたおかげで、りはっぴぃは産声を上げることができました。

私たちの会社があることで、地域の方々に安心していただける。

そんな存在を目指してスタッフ一同精進してまいります。

 

What's New