生活型デイサービスりはっぴぃの家開設準備室

「生活を営む」~りはっぴぃの家~

新しい通所施設「生活型デイサービスりはっぴぃの家」の一番の目的は、私たちが普段行っているような日常生活の動作や趣味活動を施設の中で実践し、心と身体のリハビリを行うことです。リハビリと 聞くと、マッサージやストレッチ、マシン運動を連想する方がほとんどだと思います。しかし、実は、目的と意志をもって主体的に様々な生活動作を行うこと自体が、多くの内容を含んだ素晴らしいリハビリの1つなのです。

身体のためにと運動やリハビリをすることは、その時間と努力を毎日の生活に活かしてこそ、より大きな成果となります。「リハビリすること」そのものは本来の目的ではなく、生活や人生をその人らしい、より豊かなものにすることが本来の目的であるはずです。このような思いから、
りはっぴぃは
作業療法の方法論による新しい1日型デイサービスを開設します。

 

りはっぴぃの家では、食事準備・片付け、トイレ、入浴、洗濯、掃除などの日常生活動作、園芸や創作活動などの趣味的活動を、家で過ごすような感覚で、スタッフの見守りや支援のもと、皆さんに実践して頂きます。一人一人が自分でできることを実践したり、得意なことを生かしたり、他の人のできない部分を助けたりしながら、りはっぴぃの家という一つの「家」で過ごし、一つの「家」を皆さまの仲間同士の関係性の中で運営していけるよう、私たちスタッフは後方からそっと、しっかりと支援していきたいと思います。          
りはっぴぃの家 施設長 鹿島美恵子(OT

What's New

友だち追加