小学生向け車いす体験教室!

自分が当然と思っていることが、当然ではないこと。

当然と思ってはいけないのですが、当然と無意識におもっているから

気付かない、気付けない、そんなことが少なくありません。

 

朝の訪問先でのリハビリ中、利用者さんが立ち座り運動を五回して一言

「これは脚に効く運動だね、、、。」

健康であれば当たり前のことが、その方には簡単ではない。

当たり前のことをスルーしてしまうことに改めて気付かされました。

反省(´・ω・`)

 

午後は東京都理学療法士協会の公開講座として世田谷区内の小学校を訪問して

6年生に車いす体験会が開催されました。

世田谷区内の事業ということで、都PT士会世田谷支部からも3名が参加しました。

車いすを自走すグループと介助するグループに分けれて、体験してもらいました。

もっとワイワイするかと思いきや、真剣そのもの。

終了後の感想発表では

乗る人の気持ちになって押さないといけないと感じた、など

とても具体的でまっすぐな意見を聞くことができました。

 

私たちが当たり前と思ってしまっていることの中に、

とても大切な事実が隠されていることを、それを探す努力を

常に意識しなければと再確認。

 

忙しくても、そんな時でも、参加することで得られることがある。

小学生の真剣な眼差しに心動かされた一日です。

What's New